2019年7月18日(木)

米への引き渡し審理は20年1月開始 ファーウェイ副会長

ネット・IT
中国・台湾
北米
2019/6/7 11:58
保存
共有
印刷
その他

【ベントンビル(米アーカンソー州)=高橋そら】カナダのブリティッシュコロンビア州最高裁は6日、カナダで保釈された中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の身柄を米国に引き渡すかどうかについての審理を2020年1月に始めると明らかにした。

ファーウェイの孟晩舟・副会長兼CFO=ロイター

ファーウェイの孟晩舟・副会長兼CFO=ロイター

ロイター通信によると、孟氏の弁護団は審理を20年10月にいったん終え、必要に応じ同年11月まで延ばすよう提案した。

ファーウェイは6日の声明で「孟氏はカナダの法律に違反しておらず、速やかに自由の身にされるべきだ」と主張した。

カナダ当局は18年12月、米国の要請を受け同国のバンクーバーで孟氏を逮捕した。米国はその後、イランとの違法な金融取引に関わった罪などで孟氏を起訴し、カナダに対し送致要請を正式送付した。孟氏の弁護団は米側の政治的な意図に基づいた不当な訴追だとして無罪を主張している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。