調剤報酬の不当請求分を虚偽申告  アイランド薬局

2019/6/7 11:47
保存
共有
印刷
その他

医薬品卸大手、アルフレッサホールディングスは7日、子会社が運営する調剤薬局が、厚生労働省から調剤報酬の不当な請求の指摘を受けた後、関係資料を改ざんしていたと発表した。約1万5千件あった薬剤服用歴(薬歴)の未記載を244件と少なく申告し、患者らへの返還額を600万円超減らしていた。

問題が発覚したのは、子会社のアポロメディカルホールディングス(東京・豊島)が運営する「アイランド薬局ほくしん店」(北海道北広島市)。

同店は昨年、北海道厚生局の調査を受け、薬を処方する際に薬局などが受け取る調剤報酬を巡って不当な請求があると指摘を受けた。薬歴の記載がないのに調剤報酬を請求しているとの内容だった。

厚生局から自主点検を求められた同店は関係資料を改ざんし、昨年6月までの5年間の不当請求件数を虚偽報告した。改ざんにより、保険者や患者への返還金は本来の約660万円から約10万円に減った。

アルフレッサによると、アポロメディカルの薬局事業の担当取締役が、自主点検の結果を受けて「もう少し何とかならないか」と改ざんを指示するような連絡を同店店長にしたという。

アルフレッサは弁護士らによる特別調査委員会を立ち上げ、グループ傘下の全国約200の薬局で同様の問題がないか、調査している。

薬歴を巡っては2015年2月、ドラッグストア大手ツルハホールディングスの子会社で約17万件の未記載が発覚。日本薬剤師会など3団体が傘下の調剤薬局の自主点検に乗り出し、14年に1220薬局で約81万2千件の未記載があったことが分かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]