インド政府、ウーバーなどにEV化の義務付け検討

2019/6/6 23:33
保存
共有
印刷
その他

【ムンバイ=早川麗】インド政府が配車サービス会社に対し、2026年4月までに扱う車両の4割を電気自動車(EV)にするよう義務付けを検討していることが6日、わかった。同国は大気汚染が世界最悪の水準で、政府は車の電動化を進めて排ガスを減らし、大気汚染を改善したい考え。米ウーバーテクノロジーズと同国発の「オラ」の2強は対応を迫られそうだ。

ロイター通信が伝えた。ウーバーとオラの運営会社ANIテクノロジ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]