2019年7月19日(金)

羽生九段、王位戦の挑戦権逃す 100期持ち越し

囲碁・将棋
2019/6/6 20:31
保存
共有
印刷
その他

将棋の羽生善治九段(48)は6日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第60期王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段(45)に敗れ、豊島将之王位(29)への挑戦権獲得を逃した。前人未到のタイトル通算100期は持ち越しとなった。

 羽生善治九段

羽生九段は2017年の竜王戦で初の永世七冠を達成、自身のタイトル獲得記録を99期に更新した。だが、その後は18年の名人戦で敗れると、続く棋聖戦、同年末の竜王戦にも負けて27年ぶりの無冠に後退。大偉業を前に足踏みが続いている。

4日に歴代最多の通算1434勝を樹立しており、次の目標となる100期なるかに注目が集まっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。