2019年8月26日(月)

米エアビー共同創業者、日本の民泊「自治体と信頼築く」

2019/6/6 20:11
保存
共有
印刷
その他

エアビーアンドビーの共同創業者で最高戦略責任者のネイサン・ブレチャージク氏は6日、日本経済新聞の取材に応じ、日本の民泊市場について「地方自治体との信頼関係を築き、民泊を普及させていく」と述べた。一問一答は以下の通り。

エアビーアンドビーのネイサン・ブレチャージク氏

――民泊新法の施行から約1年になります。

「これまでの1年は法令順守に力を入れてきた。ツールを作り、法令順守の仕組みを作った。東京五輪を控えるなか(民泊の)環境が整ったことは、民泊事業者にとっても宿泊者にとっても大きい。日本は空き家が850万件あり潜在力は大きい。ブラジルのリオデジャネイロ五輪では、現地の掲載件数が9カ月で5000件から2万5000件に増えた」

――日本での課題は。

「今は各市町村に民泊の価値を理解してもらう段階だ。価値を理解してもらえれば受け入れようという動きが出てくる。ただ地方自治体によって考え方などが異なるのは当然だ。信頼関係を築き、責任ある形で民泊を進めていきたい」

(小田浩靖、長田真美)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。