/

この記事は会員限定です

攻防乏しき終盤国会 野党、同日選臆測で抗戦自粛

[有料会員限定]

国会は26日の会期末まで3週間を切った。終盤国会は重要法案の審議や政権追及で野党が攻勢を強めるのが恒例だ。ところがいまは与野党の激しい攻防はなく、審議が立ち往生する場面もほとんど見られない異例の状況だ。政府や自民党の発信で野党が浮足立つ例が目立ち、攻守逆転の様相だ。背景にあるのは会期延長や衆院解散、衆参同日選の臆測だ。

野党6党派は6日、国会内で集会を開いた。トランプ米大統領が日米貿易交渉をめぐり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1510文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン