オスプレイ暫定配備、千葉県が協議開始方針

2019/6/6 20:00
保存
共有
印刷
その他

千葉県は6日、陸上自衛隊の輸送機オスプレイの陸自木更津駐屯地(木更津市)への暫定配備受け入れに関し、防衛省と協議を始める方針を決めた。防衛省の担当者が同日県庁を訪問し「県や木更津市と必要な情報を適時共有する」「一方的な暫定配備は考えていない」と県側に説明したことから、協議の環境が整ったと判断した。

暫定配備をめぐっては防衛省が5月下旬に正式表明するまで千葉県への事前説明や情報提供がなく、県側が不信感を抱いていた。防衛省から説明を受けた石川徹・総合企画部長は「(県の不信感に対する)対応は示してもらえた。今日をもって先に進んでいく」と記者団に述べた。

協議開始に際し、県側は暫定配備に関する疑問点として「恒久的な配備にしないための裏付け」「訓練内容・範囲」「配備ありきではないとの姿勢」の3つを防衛省に提示。近く防衛省側に文書で回答を求める考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]