/

この記事は会員限定です

起業支援で地域経済活性化や人材定着(千葉vs埼玉)

[有料会員限定]

千葉、埼玉両県では企業誘致を進める一方で、「中から」企業を育てる動きも活発になっている。雇用の創出や法人税収の確保だけでなく、起業に関心のある若い世代やアクティブシニアを刺激し、地域経済の活性化や人材の定着につなげたいとの思いもある。「千葉都民」「埼玉都民」と呼ばれるほど東京都心へ通勤する人も多い。両県の自治体は地域の特徴を生かし、地元で起業してもらおうと積極的に支援する。

千葉 松戸市、ベッドタウン脱却 施設開業し環境整備

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン