イーストン傘下の養鶏場、ブランド卵を自社加工

2019/6/6 21:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イーストン傘下のあべ養鶏場(北海道下川町)は6月から自社の卵を使った加工品生産に乗り出す。町内にプリンと薫製卵の工場を新設、百貨店などに出荷する。同社は乳酸菌や昆布酵素などを餌に育てた鶏が産む「下川六○(ろくまる)酵素卵」が看板商品。関連商品の拡充でブランド価値を高めるとともに、生卵として出荷できない規格外の卵を活用する。

下川町の既存施設を買い取って工場として改装、2月から薫製卵の工場として稼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]