南信精機、2工場に計5億円投資 次世代車に対応

2019/6/6 19:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車部品メーカーの南信精機製作所(長野県飯島町)は生産能力を増強する。2018年12月に稼働したばかりの新工場(同町)と既存工場(同町)に計5億円を投じ、自動車の電動化など次世代車に必要な主要部品の生産数量を2~3割ほど引き上げる。早期に増産体制を整えることで、次世代車向け技術に対応した部品の需要を迅速に取り込み、収益拡大につなげていく。

自動車用組み電線(ワイヤハーネス)向けのコネクターは7…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]