石川樹脂工業、炭素繊維でイスやテーブル デザイン性高める

2019/6/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

樹脂成型加工の石川樹脂工業(石川県加賀市)は2020年中に炭素繊維を使った家具の販売を始める。プラスチックの成型加工技術を応用し、強度が求められるイスの脚や背もたれなどを炭素繊維複合材で製作する。金属よりも軽くて強度の高い炭素繊維の良さを生かして、家具の機能性やデザイン性を高める。5年後に1億円以上の売上高を目標とし、新たな収益事業に育てる。

炭素繊維複合材は、樹脂に炭素繊維を混ぜて強度を高めた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]