「海なし県」長野、海洋プラごみ対策に奔走 G20控え
(信州リポート)

2019/6/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「海なし県」の長野県内で官民が海洋プラスチックごみの削減策に力を入れている。県はプラスチックごみの排出減を呼びかける運動を5月に開始。星野リゾート(軽井沢町)など民間企業も削減に乗り出した。6月15日から軽井沢町で開く20カ国・地域(G20)環境・エネルギー相会議に向け、環境保全に関する取り組みをPRする狙いだ。

「上流県である本県から海洋環境の改善にも貢献していきたい」。長野県の阿部守一知事は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]