2019年7月18日(木)

カゴメ、神奈川県と総菜開発 野菜の摂取促す

ヘルスケア
サービス・食品
2019/6/6 18:47
保存
共有
印刷
その他

カゴメは6日、神奈川県と連携し、同県産の野菜を使った総菜などを2020年1月から売り出すと発表した。三浦半島で採れたカボチャなどを使った総菜を地元のスーパーで販売する。健康と病気の間を指す「未病」対策に力を入れている同県との連携を強化し、子供や20~30代の消費者に野菜の摂取を促す。

右から2人目がカゴメの寺田社長、3人目が神奈川県の黒岩知事(6日、横浜市)

カゴメと神奈川県は18年3月に未病改善などに関する連携協定を結んだ。三浦半島産のカボチャを使ったキッシュやコロッケなどの総菜を共同で開発し、京急ストア(東京・港)で販売する。

8月からは横浜市にある日産自動車のグローバル本社の社員食堂で、カゴメが提案する野菜主体のメニューの提供を始める。子供の野菜嫌いを減らすため、神奈川県内の小学校での食育活動にも力を入れる。

カゴメの寺田直行社長は同日、横浜市内で開いた記者会見で「健康寿命を延ばすには、病気になってから対応するのでは遅い。企業や自治体と連携して未病の改善に取り組んでいく」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。