前例破りの酒 白鶴、新ブランド「別鶴」で若者開拓

2019/6/6 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒大手の白鶴酒造(神戸市)が新ブランド「別鶴(べっかく)」を立ち上げた。第1弾となる3商品を6日に発売。商品開発の経験がない20~30歳代の若手社員が「これまでにない別格の酒をつくる」との思いを込めて企画した。日本酒離れと言われて久しい昨今、若者に注目されるような工夫を凝らした。

「木漏れ日のムシメガネ」「陽(ひ)だまりのシュノーケル」「黄昏(たそがれ)のテレスコープ」――。新発売した3つの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]