清水建設、技術研究所を新設 500億円投じ都内に

2019/6/6 18:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

清水建設は500億円を投じ、都内に技術研究所や研修施設を新設する。建設工事にIT(情報技術)や人工知能(AI)を取り入れる研究を加速させる。少ない人数でも質の高い建設工事ができる体制をつくり、深刻になる作業員の高齢化や人手不足に備える。

新施設は2020年春に着工し、22年4月の利用開始を目指す。東京都江東区に約3万7000平方メートルの土地を取得する。研究所では大学やベンチャー企業と共同研究が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]