/

この記事は会員限定です

高い経営効率示す米企業、ブランド力・知財を武器に

日本勢は100社以内に4社のみ

[有料会員限定]

米国企業の経営効率の高さが目立っている。在庫など会社の資産を使っていかに効率良く稼いだかを示す総資産利益率(ROA)で世界の企業を比較したところ、米国のIT(情報技術)企業や高いブランド力を持つサービス企業が上位を占め、日本企業は100位以内に4社しか入らなかった。産業構造の変革スピードが速くなるなか、事業の選択と集中が遅れる日本企業が取り残されている。

ROAは稼ぐ力を測る経営指標のひとつで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン