「軍の支配はごめんだ」(ルポ迫真)
中東 誤算と混乱(5)

2019/6/7 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イスラム教の断食月(ラマダン)さなかの5月16日、エジプトの首都カイロの軍施設で日没後の食事会が開かれた。日が出ているうちはできない飲食を楽しむ閣僚、情報機関幹部ら200人を前に大統領アブデルファタハ・シシ(64)が訓示した。

「アルジェリアやスーダンでのデモの背後にはイスラム原理主義組織がある。(原理主義者はエジプトでも)混乱を起こそうと、たくらんでいるのだ」

4月、アルジェリアで20年間大統…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]