2019年7月20日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,972,394億円
  • 東証2部 70,364億円
  • ジャスダック 88,370億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.98倍13.54倍
株式益回り7.15%7.38%
配当利回り2.06% 2.07%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,466.99 +420.75
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,380 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月19日(金)14:20

大日本住友が豪iPS企業に買収提案 約200億円[映像あり]

メルカリ 業績観測報道「戦略的事業へ投資で費用増」

7月19日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

5G復調に透ける不安 仕組み債の増加、弱気映す
証券部 長谷川雄大

2019/6/6 18:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京株式市場で、次世代通信規格「5G」に関連する銘柄への投資が復調している。5Gの覇権を巡る米中の対立が激しくなり一時の投資熱は冷めつつあったが、テーマ株としての期待は根強い。一方で、値動きが大きい5G銘柄を裏付けにした仕組み債の発行が増えている。相場全体の方向感が見通せない中での、投資家の不安心理が透けてみえる。

6日は日経平均株価がほぼ横ばいの中、通信計測器のアルチザネットワークスが9%高に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。