2019年7月23日(火)

溶ける北極、経済・安保の要衝に
資源・軍事…動き出す国家間競争

政治
2019/6/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北極海の漁業資源を10カ国・機関で共同管理する協定が5月、国会で承認された。対象となる領域は北極海中央部の公海だ。地球温暖化で北極の氷が減少し、これまでは難しかった船の航行ができるようになると、各国が資源獲得や軍事面で関心を寄せ始めた。ロシアや米国などの沿岸国に加え、中国も積極的に開発競争に乗り出す。氷が解けて日本も新たな外交戦略が必要になってきた。

北極海を横断する北極海航路の東側の玄関口にあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。