/

この記事は会員限定です

資金繰りに新たな「担保」 受注記録で電子債権

支えろ 中小企業

[有料会員限定]

三輪で重い荷物も楽に運べ、2つの前輪は段差でも安定する独自機構――。こんな電動アシスト三輪車を開発した豊田TRIKE(東京・港)は、4月に実施した資金調達もユニークだった。

自転車販売のシナネンサイクル(東京・港)から受注した。ただ、製造に必要な資金は手元に十分ない。銀行も通常なら簡単に貸してくれない。そこで同社は、受注記録を裏付けに組成した電子債権を担保に、商工組合中央金庫から2000万円の融資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン