/

アイデスやセガ系、忍者を目指せる玩具 子どもの運動不足解消に

玩具メーカーのアイデス(東京・台東)やセガホールディングス子会社は"忍者修行"を楽しめる子ども用玩具を10日から相次ぎ発売する。忍者にゆかりのある地方自治体や団体でつくる「日本忍者協議会」監修のもと、ゲーム感覚で楽しめる玩具を開発。室内用トランポリンやボルダリングウオールなども提供する。子どもの運動不足解消につなげる狙い。

アイデスが発売するのは持久力を鍛えるボード状のスライダー「ニンジャスライダー」など3製品。いずれも9月28日発売で、忍者になるために必要な身体能力を向上させる「忍具」という設定。「スライダー」は縦59.5センチメートル、横177センチメートルのボードで、専用の靴カバーをはいて上に乗ると滑りやすくなる。ボードの角に光るスイッチがついており、左右に足を滑らせながら制限時間内にスイッチをタッチする回数を競う。

室内でボルダリングが楽しめる「ニンジャボルダリング」も用意。山型や塀型に設置できるプラスチック製のボルダリングウオールで、子どもでも上り下りできる。飛んだ時の高さや足さばきに連動して四方に設置されたライトが光るトランポリン「ニンジャンパー」は付属の動画を見ながら様々なジャンプ法を学べる。いずれも価格はオープン。

アイデスは忍者関連製品の海外展開も検討していく。「幼少期から体を動かすことに慣れ親しんでもらう」(アイデス)ことで子どもの健康促進につなげていく。

セガホールディングスの子会社で業務用ダーツを展開するダーツライブ(東京・品川)は手裏剣向けの「ニンジャトレーナー」を6月10日に発売する。ゴム製の手裏剣をダーツ感覚で投げて楽しめる。価格はオープン。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン