2019年8月20日(火)

聖火リレー、演出に注目 過去は宇宙にトーチ浮遊も

2019/6/6 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年3月、東京五輪の聖火リレーの号砲が福島県で鳴る。全国857市区町村を121日かけ「一筆書き」で巡る長旅だ。関心が薄まらないよう、随所でどう安全に盛り上げていくかが成功のカギを握る。過去にはトーチを宇宙で浮遊させた大会もある。トップシークレットの最終ランナーを含め、今回の演出は果たして――。

▼船の隊列

「インスタ映え」。都道府県で45番目に聖火が訪れる茨城県の担当者は、演出のキーワード…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。