2019年8月19日(月)

アステラスと日本MS、医師患者のコミュニケーションで連携

2019/6/6 17:00
保存
共有
印刷
その他

アステラス製薬と日本マイクロソフト(MS)は6日、医師と患者の会話を支援するMR(複合現実)ソリューションの開発で連携すると発表した。医師と患者のコミュニケーションを円滑にすることで、治療方針の決定をしやすくし、患者の服薬の継続につなげる。

開発するのは、リアルに表現した臓器や骨などの映像や画像を現実世界に投影し、それらのイメージに触れるように操作できるもの。患者は日本MSのヘッドマウントディスプレーを装着することを想定している。

アステラスは患者に病気やその治療の意義などを理解してもらうためのコンテンツの企画立案や開発、医療機関への提供を担当する。日本MSは技術面での支援を担当する。

骨粗しょう症など一部の病気では患者の治療に対する理解の不足から服薬が続かないなどの問題があるという。MRを使って治療の必要性をわかりやすく解説できるようにする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。