2019年6月27日(木)

ダイヤで究極の半導体 宇宙でも高性能
NextTech2030

日経産業新聞
科学&新技術
2019/6/7 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あらゆる半導体よりも高性能で省エネな「ダイヤモンド半導体」の開発が進み、実用化への道が見えつつある。シリコンや炭化ケイ素など従来の半導体素材に比べ、人工ダイヤは耐久性や熱の伝えやすさなどに優れる。この分野でトップを走る産業技術総合研究所は、ダイヤを使ったパワー半導体の製造技術やウエハーの大型化などに取り組む。2030年ごろには小さくて高性能で、宇宙などの過酷な環境でも使える「究極の半導体」が実現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

物材機構はリチウム空気電池を積層して実用化に近づけた(久保チームリーダー提供)

空気電池、動力に「軽さ革命」[有料会員限定]

2019/5/31 4:30

分子ロボ、人工筋肉で駆動[有料会員限定]

2019/5/17 4:30

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報