トヨタ・スバル、EVのSUVを共同開発

2019/6/6 15:05
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車SUBARU(スバル)は6日、電気自動車(EV)の多目的スポーツ車(SUV)を共同開発すると発表した。2020年代前半に両社のブランドで販売する。トヨタの電動化技術とスバルの四輪駆動の技術を掛け合わせる。スバルはスポーツ車やハイブリッド車(HV)などでトヨタと協業関係を深めており、EVにも協力の範囲を広げる。

両社は、まず中・大型車向けのEV専用のプラットホーム(車台)を開発する。このプラットホームをベースにしてSUVを開発する。生産地などは今後、検討するとしている。

トヨタとスバルはEV専用のプラットホーム(車台)とEV型SUVを共同開発する

トヨタとスバルはEV専用のプラットホーム(車台)とEV型SUVを共同開発する

トヨタは電動化の技術に強みを持つ。20年代前半には10車種以上のEVを展開する計画がある。スバルは製品群のうち「フォレスター」などSUVの構成率が高く、四駆の技術に定評があるものの、EVの開発は遅れていた。両社の技術を合わせることで、米国などでEV型のSUVを展開したい考えだ。

両社の関係を巡っては、米ゼネラル・モーターズが05年にスバル株を放出し、トヨタが引き受けて筆頭株主となった。現在、トヨタは16%を出資している。

スバルは12年にスポーツ車「BRZ」とトヨタの「86(ハチロク)」を共同開発した。18年にはトヨタから一部の技術協力を得て、独自のHVシステム「e-BOXER」を開発して新型車に導入。同年、トヨタのシステムを搭載したプラグインハイブリッド車(PHV)を米国で販売した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]