2019年8月23日(金)

アマゾン、ARで家具配置を体感

2019/6/7 14:22
保存
共有
印刷
その他

アマゾンジャパン(東京・目黒)は家具やキッチン用品のコーディネートを提案する機能を拡充している。拡張現実(AR)の技術を使い、家具を部屋に置いたイメージをスマートフォンで確認できるようにした。画像を選ぶだけで好みの家具を絞り込める機能も搭載。商品を選びやすくし、オンラインでの購入を後押しする。

スマホの画面を触ってARのテーブルを回転もさせられる

画像を選び続けると好みの商品を提案するようになる

「ARビュー」と「ディスカバー」のサービスを導入した。米アマゾン・ドット・コムが両機能を搭載するのは、米国やフランスなどに続いて7カ国目。米欧以外では日本が初めてとなる。

「ARビュー」機能はまず、イスや机など確認したい商品を選ぶ。商品を置きたい場所をアプリのカメラで撮ると、自動的に商品の大きさを調整し配置した時のイメージを再現する。商品は360度回転させることもできる。現時点では一部の商品が対応している。

家具などの大型商品は購入前に店で実物を確認したい需要が根強い。AR技術で設置イメージを体験することで、部屋の広さや雰囲気に適しているかを把握しやすくする。リアルでの手触りなどの代わりに、ネットならではの技術で家具選びの情報を増やす。

消費者の好みの家具やキッチン用品を提案する「ディスカバー」機能の提供も始めた。画面に表示された商品が気に入る場合は親指を上げたマークを、好みでない場合は親指を下げたマークをクリックする。

選択したマークの傾向に応じて画面に表示される商品が変わる。消費者がクリックを繰り返すと人工知能(AI)が消費者の好みを学習。より個人に沿った商品を提案するようになる。

視覚から商品を絞り込むことで、言葉での検索では見つけにくい商品を探し出す。「欲しい商品のイメージは浮かぶが、デザインや柄が説明できない」といった消費者の悩みに対応できる。

経済産業省によると、生活雑貨・家具・インテリアの電子商取引(EC)の2018年の市場規模は前年比8.5%増の1兆6083億円だった。家具やインテリアは高額品が多く、物販のEC市場の2割近くを占める。10月の消費増税前の駆け込み需要をにらみ、EC市場で高額品向けのサイトを強化する取り組みが広がりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。