2019年9月15日(日)

横浜市営地下鉄で脱線 撤去忘れの装置に乗り上げか

2019/6/6 10:29 (2019/6/6 19:49更新)
保存
共有
印刷
その他

6日午前5時25分ごろ、横浜市泉区の市営地下鉄ブルーラインの下飯田駅を出発した湘南台発あざみ野行きの始発電車(6両編成)が脱線した。市交通局によると、保守点検用の作業車を線路に引き込む「横取り装置」を撤去し忘れた結果、始発電車が乗り上げたという。神奈川県警泉署によると、乗客約120~130人にけが人はなかった。

脱線した横浜市営地下鉄ブルーラインの車両(6日午前6時20分ごろ、横浜市)=同市提供・共同

脱線した横浜市営地下鉄ブルーラインの車両(6日午前6時20分ごろ、横浜市)=同市提供・共同

運輸安全委員会は同日、詳しい事故原因を調べるために鉄道事故調査官を現地に派遣した。

横浜市交通局によると、下飯田駅のホームから100~200メートルの地点で最後尾の1両をのぞく5両が運行方向の左側に脱線。乗客は誘導されて下飯田駅に避難した。

横取り装置は、作業車用の線路と本線との間で移動させる際に利用する。6日未明に装置を点検し、そのまま撤去しなかったという。

横浜市営地下鉄ブルーラインが脱線したことを伝える湘南台駅の掲示(6日午前9時5分、神奈川県藤沢市)=共同

横浜市営地下鉄ブルーラインが脱線したことを伝える湘南台駅の掲示(6日午前9時5分、神奈川県藤沢市)=共同

ブルーラインは一時全線で運休し、6日午後6時現在、湘南台―踊場間で運転を見合わせており、約5万3千人に影響が出ている。9日の全線再開を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。