2019年8月19日(月)

フォード、英国のエンジン工場閉鎖へ 英メディア報道 EU離脱影響か

2019/6/6 3:14
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】米フォード・モーターが、英国のエンジン工場を閉鎖する方針を固めた。英フィナンシャル・タイムズなどが5日報じた。フォードの欧州事業は赤字で、生産体制の見直しの中で英工場撤退も検討していた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混乱が続いていることも影響したとみられる。

フォードは英国内に2カ所のエンジン工場を持っており、そのうち西部ウェールズにあるブリジェンド工場を閉鎖する。同工場では1500人を雇用し、ドイツの完成車工場などにエンジンを輸出している。EUとの間で関税が突如復活する「合意なき離脱」となれば打撃は大きい。納入先の1つである英ジャガー・ランドローバーがエンジンの内製化を決めたことも影響した。

ピックアップトラックなど大型車を得意とするフォードは小型車が主流の欧州市場で苦戦している。1月には独仏の工場の生産休止など大規模なリストラ策を発表した。同社幹部は、EU離脱の混乱が続いた場合には英国内の工場を閉鎖することを示唆していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。