/

この記事は会員限定です

ペイぺイ不正利用、ニセ佐川急便メールで感染が引き金

[有料会員限定]

詐欺グループが佐川急便を装ったメールを送りつけてウイルス感染させたスマートフォンから携帯電話番号などの個人情報を盗み出し、スマホ決済サービス「ペイペイ」のアカウントを勝手に作って不正利用していたことが6日、愛知県警などへの取材で分かった。ペイペイが求める本人認証を巧妙にすり抜けており、同様の仕組みを採用する企業は不正対策の強化が求められそうだ。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン