/

この記事は会員限定です

四国の交通、空路客に熱視線 定額制や観光地巡りも

競う四国の空港(下)

[有料会員限定]

四国4空港で増え続ける国内外からの訪問客に地元のバス、タクシー事業者が熱い視線を送る。人口減で地元住民の利用が減るなか、空港発着の需要はまさに「干天の慈雨」。定額制や観光名所への送迎など使い勝手の向上に知恵を絞る。観光の回遊性を高めるため、鉄道との連携を模索する動きも。空港を拠点にした二次交通の充実が地域に活気をもたらす。

香川、岡山両県の島々をアートで彩る瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)2019が開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン