/

この記事は会員限定です

新潟麦酒、佐渡にウイスキー蒸留所 地元産大麦を使用

[有料会員限定]

地ビール製造の新潟麦酒(新潟市)は新潟県佐渡市でウイスキーの製造を始める。地元企業と組み、小木港の近くの建物をウイスキー蒸留所に改修。2019年9月の製造開始を目指す。原料には佐渡産の大麦を使用するほか、将来は貯蔵庫も佐渡市内に建設する計画だ。佐渡の自然を生かしたウイスキー作りで、観光商材にも育成する方針だ。

ウイスキー製造は産業廃棄物の中間処理や解体工事などを手掛ける環境保全事業(佐渡市)と連携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン