事業承継が設備投資を後押し 静岡県内の中小企業

2019/6/5 19:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県内の中小企業で、後継者の決定が設備投資につながる事例が生まれている。望月運輸(島田市)は物流拠点の新設に9億円を投じる。アルミ加工の静岡物産(吉田町)も制御機械への設備投資を決めた。若い経営者は設備投資に積極的な傾向があり、中小企業の事業承継が円滑に進めば生産性の向上など地域経済への効果も見込める。

望月運輸が新設する物流倉庫は2階建てで、延べ床面積が約3300平方メートル。6月に着工し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]