/

この記事は会員限定です

事業承継が設備投資を後押し 静岡県内の中小企業

[有料会員限定]

静岡県内の中小企業で、後継者の決定が設備投資につながる事例が生まれている。望月運輸(島田市)は物流拠点の新設に9億円を投じる。アルミ加工の静岡物産(吉田町)も制御機械への設備投資を決めた。若い経営者は設備投資に積極的な傾向があり、中小企業の事業承継が円滑に進めば生産性の向上など地域経済への効果も見込める。

望月運輸が新設する物流倉庫は2階建てで、延べ床面積が約3300平方メートル。6月に着工し、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン