/

木製デッキで海沿い散策 石川・輪島のこうしゅうえん

石川県輪島市の沿岸部に位置するホテルこうしゅうえん(旧ホテル高州園)は、海側のスペースに木製デッキを設けた。波消しブロックの上部にデッキを敷設する構造で、日本海を眺めながら散歩を楽しめるようにした。宿泊客のほか市民にも開放し、ビアガーデンなどイベントの場としても活用するという。

こうしゅうえんが新設した海岸デッキ(石川県輪島市)

デッキは全長約60メートルで幅10メートル。石川県産のアテの木を材料に使い、工事に1カ月かけて設営した。同館は昨年にホテル運営のホテルマネージメントインターナショナル(HMI、東京・中央)が経営を引き継ぎ、今後は内装のリニューアルも計画している。

ホテルは遊泳禁止の砂浜に面しており、海岸線の眺望が売り物の一つ。波消しブロックの扱いを巡り市側と協議したうえで工事を進め、デッキ完成にこぎつけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン