2019年7月18日(木)

中国、ロケット洋上打ち上げ成功、「海洋強国」に布石

中国・台湾
2019/6/5 19:33
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】中国国家宇宙局は5日、ロケットの洋上打ち上げ試験に初めて成功したと発表した。宇宙ビジネスの発展を加速するのが狙いとしているが、習近平(シー・ジンピン)最高指導部がめざす「宇宙強国」と「海洋強国」に向けた布石とみられる。米中貿易摩擦がハイテクの覇権争いに広がるなか、米国をけん制する思惑もありそうだ。

洋上で初めて打ち上げたロケット「長征11号」(中国航天科技集団のSNS公式アカウントから)

宇宙局によると、中国大陸と朝鮮半島の間にある黄海から午後0時6分(日本時間同1時6分)、ロケット「長征11号」を打ち上げ、搭載した衛星7基を予定の軌道に乗せることに成功した。発射台は民間の船舶を活用しており、甲板の広さは標準的なサッカー場を超えるという。

長征11号は全長約21メートルで直径2メートル。これまでは陸上の衛星発射センターから打ち上げられていた。衛星は台風などの気象観測向けや船舶のナビゲーションに使う通信向けなどで、「試験といっても、実際の衛星の打ち上げでもあった」と関係者は指摘する。

洋上打ち上げは、打ち上げ時に近隣の住民の安全確保のために避難させる必要がなく、打ち上げ場所を変えやすい利点があるとされる。赤道に近いほど発射コストも低下するため、中国メディアは赤道での発射も夢ではなくなったと報じた。

今回の洋上打ち上げは中国国有の中国航天科技集団などが手掛けており、同集団は防衛分野も手掛けている。周辺国などから軍事利用を懸念する声がでる可能性もありそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。