/

この記事は会員限定です

フィンランドMaaS関連企業が日本参入 その影響は

[有料会員限定]

次世代移動サービス「MaaS(マース)」の先進国フィンランドで自動運転技術を開発するスタートアップ企業、センシブルフォーが2020年にも日本に参入する。国内のMaaS事業ではトヨタ自動車ソフトバンクグループが連携するなど、様々な企業が参入を目指している。先進国企業の日本進出は、国内でのMaaS普及の起爆剤となるか。

来日したハッリ・サンタマラ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。同社はフィンランドで、自動運転車が雨や雪などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン