シャープ、パソコン生産の一部をベトナム移管へ
対中関税「第4弾」で

2019/6/5 18:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープは米国向けのノートパソコンの生産の一部をベトナムに移管する方針を決めた。これまでパソコンは、ほぼ全量を中国にある自社工場で生産してきた。だが米国による対中関税「第4弾」が発動されれば、最大25%の関税負担が発生することになる。早期に代替の生産拠点を確保することで米国市場での価格競争力を高める狙いだ。

シャープは2018年秋に東芝から買収した子会社のダイナブック(東京・江東)を通じてパソコ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]