/

キツネザルの味覚に差 食べ物で独自進化か、京大

アフリカ南東部のマダガスカル島に生息する3種類のキツネザルのうち1種類は、苦味の感じ方が違うことが分かったと、京都大霊長類研究所の今井啓雄教授らのチームが5日、国際学術誌電子版に発表した。

ワオキツネザル、クロキツネザル、エリマキキツネザルのうち、違っていたのはワオキツネザル。いずれも主に同島にすみ、共通の祖先から枝分かれした。

種類ごとに生息地が分かれ、主食も異なり「味覚が独自に進化した可能性がある。霊長類の味覚の進化を考える上で興味深い」としている。

苦いという感覚は、舌にある苦味を感じる部分(受容体)に苦味物質が結合した際に起こり、動物は本能的に苦い物を避ける。受容体はタンパク質でできており、チームは各キツネザルの受容体をシャーレ上で人工的に作った。

ワオキツネザルは乾燥地域の若葉などを主食とする一方で、クロキツネザルやエリマキキツネザルは熱帯雨林の果実を主食とするため、実験では、果実の皮などに含まれるアルブチンという苦味物質を受容体に加えた。

すると、ワオキツネザルの場合だけ苦味を感じる反応が起きた。受容体を作り出す遺伝子が一部違うことも分かった。詳しい理由を調べるという。チームによるとマダガスカル島には約100種類のキツネザルがいる。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン