橋の劣化、安価に遠隔監視 ダットや北見工大など

2019/6/5 18:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発のダットジャパン(札幌市)は北見工業大学や中国企業と組み、橋梁のゆがみや沈下などの経年劣化を安価に常時監視できるシステムを共同開発する。今秋に道内2カ所で実証実験を始め、2021年春にも道路管理者に販売する。実験で得られたデータをもとに、経年劣化による異常を前もって予測するシステムも並行して開発する。

国内のインフラは老朽化が進むが、監視の現場は人手不足が課題となっており、ダットはあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]