/

この記事は会員限定です

スパコン「富岳」、創薬・防災など模擬実験に強み

[有料会員限定]

約1100億円の国費を投じて2021年にも運用を開始する国産スーパーコンピューターの名称が「富岳(ふがく)」に決まった。神戸市にある理化学研究所の拠点で19年秋以降、設置に着手する。高度なシミュレーション(模擬実験)などを通じて薬や材料の開発、災害対策の研究などで画期的な成果の創出をめざす。巨額の投資に見合った価値を示せるかが問われる。

富岳は国主導のもと理研と富士通が開発するスパコンで8月に運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン