/

この記事は会員限定です

天丼てんや、ご飯「お替わり自由」復活のなぜ

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

日本の伝統的な食文化である天ぷらの大衆化を目指し、平成元年(1989年)に誕生した天丼チェーン「てんや」。昼飯どき、あるいは夕食時に大勢でにぎわう客席からは見えないカウンターの内側に、値ごろ感のあるメニューを支える様々なシステムがある。ご飯を自動で盛りつける機械はその1つだ。

機械の上蓋を開けて炊きたてのご飯をどっさり入れ、器を機械の下に置いてボタンを押すと、定量が「ぽとり」と落ちる。自動でご飯を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2046文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン