池江選手、5月に一時退院 公式HPを更新

2019/6/5 14:49 (2019/6/5 15:38更新)
保存
共有
印刷
その他

白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(18)が5日、入院中の病院から一時退院していたことを公式ホームページ(HP)で明らかにした。マネジメント事務所によると、5月末に数日間自宅に戻ったといい「退院中は家族で食事を楽しんだり、外の空気をたくさん吸ってのんびりした日を過ごしました」と記した。

池江璃花子選手の公式ホームページに掲載されたメッセージと写真=共同

池江璃花子選手の公式ホームページに掲載されたメッセージと写真=共同

白血病の公表後、初めてとなる写真も公開。白いポロシャツ、ニット帽姿で、姉、兄と並んでほほ笑む様子を披露した。同事務所によると、写真は退院中に撮影したもので、抗がん剤の影響で髪が抜けているという。

池江選手は「体調が優れない日もあります。そんな日は、一日が過ぎるのをひたすら待って、とにかく一日一日を何とか乗り越えています」と病状を報告。「もう病院には戻りたくない!と思う時もありますが、人生の中のたった数カ月間だと思って自分を奮い立たせてます」とした。

HPの更新は開設した5月8日以来。三木二郎コーチによると、病室にトレーニング用の自転車を持ち込むなど、軽い運動を再開している。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]