カルチャースクール 翻訳家 松岡和子

2019/6/11 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2011年から月に1度、NHKカルチャースクールでシェイクスピアの戯曲を読んでいる。最初に取り上げたのは、その時点での最新訳『じゃじゃ馬馴(な)らし』。講座の紹介文は「……私のシェイクスピア劇の翻訳は現在進行形。これからも書斎での悪戦苦闘と興奮、稽古場での訳の見直し、演出家や俳優さんたちから受ける示唆や啓発は続きます。一緒にコンピュータの前や稽古場に居るつもりになっていただきたい」。そして、聴講…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]