2019年8月19日(月)

山梨県の6月補正予算案、401億円

2019/6/5 16:05
保存
共有
印刷
その他

山梨県は5日、一般会計で401億8200万円となる2019年度の6月補正予算案を発表した。富士山登山鉄道の基本構想をまとめるための検討費や公立小中学校での25人学級導入に向けた推進検討委員会の開催費などを盛り込んだ。12日に開会する定例県議会に提出する。

6月補正予算案を発表する山梨県の長崎知事(5日、山梨県庁)

同県の補正予算としては1993年、91年に次ぐ過去3番目の規模となる。当初予算と合わせて4749億円で、前年度比2.4%増。長崎幸太郎知事が掲げた公約の実現に向けた予算措置がとられている。

富士山登山鉄道については、長崎知事が2年後をメドにルート案などを盛り込んだ構想案をまとめる方針を打ち出している。2027年に開業予定のリニア中央新幹線関連では山梨県内の駅の乗降客数や交通への影響を調査する経費を盛り込んだ。

このほか、女性が活躍できる職場環境づくりを支援するプロジェクト推進費や、深刻化する人手不足に対応するため外国人材の受け入れを促すための推進費も計上する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。