日銀の「限界論」、再び焦点に

日銀ウオッチ
2019/6/6 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀の黒田東彦総裁は8~9日に福岡市で開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席する。ワシントンで開いた4月の前回より「混沌の度合いが深まっている」(日銀幹部)なかでの会合。米連邦準備理事会(FRB)が利下げを視野に入れるなか、改めて日銀の政策の限界論に焦点があたる。

「いまが正念場だ」。日銀幹部は円高・ドル安方向に振れはじめた為替相場に警戒を強めている。1ドル=107~10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]