2019年7月17日(水)

交差点600メートル手前で衝突後暴走か 福岡多重事故

九州・沖縄
2019/6/5 10:09
保存
共有
印刷
その他

福岡市早良区百道の交差点付近で4日起きた多重事故で、交差点の約600メートル手前で高齢男性の運転する乗用車が前方の車と接触し、その後対向車線を逆走するなど暴走して次々と衝突事故を起こしていたことが5日、福岡県警早良署への取材で分かった。

事故を起こした乗用車(5日、福岡市早良区)

事故を起こした乗用車を運転していたのは小島吉正さん(81)=同区原3=で、同乗していた妻の節子さん(76)とともに意識不明の状態で病院に搬送され、2人とも死亡が確認された。同署は小島さんの過失が原因の可能性があるとみて、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑を視野に捜査している。ほかに通行人1人を含む7人が病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないという。

同署などによると、小島さんの車はまず、交差点の約600メートル手前で前方の車と接触。その後、センターラインをはみ出して逆走し、対向車線を走るタクシーなど車2台と相次いで衝突した。

さらに、交差点を右折しようとしていた車2台に後方から突っ込み、歩道付近で停止した。突っ込まれたとみられる車のうち1台は歩道上で横転していた。

同署は小島さんが運転を制御できない状況になって暴走したとみて、押収した車を分析するなどして事故原因を詳しく調べている。

小島さんは地元自治会の会長を務め、日ごろから地域の活動に熱心に取り組んでいたという。小島さんを知る地元自治協議会の男性役員によると、高齢者の交通事故が相次いでいたことから「自分もそろそろ運転免許を返納しようと思う」と周囲に話していたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。