2019年7月24日(水)

日経平均6日ぶり反発、終値367円高 半導体が上昇

2019/6/5 9:12 (2019/6/5 15:29更新)
保存
共有
印刷
その他

5日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反発した。前日比367円56銭(1.80%)高の2万0776円10銭で終え、この日の上げ幅は3月26日以来の大きさとなった。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が利下げに含みを持たせたのを受け、4日の米株式相場が大きく上昇。投資家心理が改善し、半導体や電子部品関連など景気敏感株を中心に買いが入った。

パウエルFRB議長が4日、貿易摩擦の激化に懸念を示したうえで「景気拡大を持続させるために適切な行動をとる」と述べ、米利下げ観測が強まった。米市場ではハイテク株を中心に株式相場が大きく上昇。東京市場では東エレクアドテストといった半導体関連のほか、村田製京セラなど電子部品株の上げが目立った。

中国商務省が米国との貿易摩擦に関して対話を続ける意向を示し、米中対立への警戒が後退。米共和党議員が米政権によるメキシコ製品への追加関税を阻止するために動いているとも伝わるなど米国を発端にした通商問題への懸念が和らぎ、安川電ファナックなど中国関連株に買い戻しが入り相場を押し上げた。

JPX日経インデックス400は6営業日ぶり反発し、終値は前日比267.53ポイント(2.01%)高の1万3608.16だった。東証株価指数(TOPIX)は続伸し、30.99ポイント(2.07%)高の1530.08で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆2402億円、売買高は12億8095万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1988と9割を超えた。値下がりは126、変わらずは27だった。

ソフトバンクグループ(SBG)が高い。ダイキンテルモが上昇したほか、第一三共は上場来高値を更新した。一方、ファストリ花王が下落。ヤマハやコナミHDSUBARUが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。