サッカー

サッカー代表、「動く攻め」浸透がテーマ

2019/6/4 23:08
保存
共有
印刷
その他

サッカーの日本代表は5日午後7時30分から愛知・豊田スタジアムでトリニダード・トバゴ代表と国際親善試合を行う。秋にも始まるとみられる2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア予選へ向け、フル代表が実戦を積める場は多くない。9日のエルサルバドル戦(宮城スタジアム)を含めた2試合では、戦い方をいま一度根付かせるとともに、ブラッシュアップすることがテーマになる。

トリニダード・トバゴ戦に向けた公式練習で、調整する久保建(手前)と柴崎(4日、豊田スタジアム)=共同

トリニダード・トバゴ戦に向けた公式練習で、調整する久保建(手前)と柴崎(4日、豊田スタジアム)=共同

「(パスを)出した後、もう1回動いて」「常に動いて、パスコースをつくって」。練習で森保監督の聞き慣れた指示が飛ぶ。縦パス、すなわち攻撃にスイッチを入れるパスやアクションを促されていると初招集の中山(ズウォレ)は語る。「攻撃では循環(選手がローテーションする動き)が大事になるイメージ」

骨格のメンバーは直前の代表戦とほぼ同じ、頭と足を動かしながら連係で打開していくという基本路線も従来通り。中山や久保建(FC東京)など新たに加わったメンバーは、W杯予選前のここで順化させておきたい。

久保建は4日に18歳の誕生日を迎えた。いきなり主軸は尚早としても、チームの肝といえる「2列目の3人」の一角を担うだろう。ピッチ上の隙間を嗅ぎ取り、突くセンスに非凡なものがあるだけに、現代表のやり方とは水が合うはず。ドリブルの切れる中島(アルドハイル)、左足での一発が魅力の堂安(フローニンゲン)らとどんなアンサンブルを奏でるか。

常に学びたい、成長したいとハッスルする長友(ガラタサライ)は「頭を柔軟にしたい」と話す。それは試合のピッチでも求められていること。ボールがたどる道を生み出すために、各選手がアイデアをくみ出し続け、動きとして表現する。その連なりの先にゴールという成果をつかみたい。(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【バルセロナ=共同】サッカーのスペイン2部B(3部相当)で17日、バルセロナBの安部裕葵はホームのコルネリャ戦に先発し、1―0の前半23分にリーグ戦初ゴールを挙げた。後半途中に退き、チームは3―3で …続き (18日 23:02)

 Jリーグは18日、東京都内で理事会を開き、日本フットボールリーグ(JFL)で元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務め、昇格条件を満たしたFC今治の来季J3参入を承認した。
 理事会後に取材に応じた矢 …続き (18日 19:35)

ベネズエラ戦を前に記者会見するサッカー日本代表の森保監督(18日、パナスタ)=共同

 サッカー日本代表は19日午後7時25分から、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田での国際親善試合でベネズエラ代表と対戦する。18日は試合会場で柴崎(デポルティボ)や中島(ポルト)らが大半を非公開 …続き (18日 18:39)

ハイライト・スポーツ

[PR]