「GAFA独占」米も警戒 議会・司法当局が調査へ

2019/6/4 23:00
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成、シリコンバレー=中西豊紀】グーグルやフェイスブックなど「GAFA」と呼ばれる米IT(情報技術)大手に対し、米議会は3日、反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)違反がないか調査を始めると発表した。司法省なども調査を検討する。GAFAによるデータ寡占を警戒する動きが欧州から飛び火した形で、米IT競争政策が放任から規制に向かう転換点となる可能性がある。

「デジタル市場における市…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]