南ア1~3月成長率、10年ぶり大幅マイナス
電力不足が痛手

2019/6/4 21:07
保存
共有
印刷
その他

【ドバイ=岐部秀光】南アフリカ政府統計局は4日、1~3月期の実質国内総生産(GDP)が前期比年率でマイナス3.2%だったと発表した。国営電力会社エスコムによる計画停電が、製造業の生産に打撃をもたらした。市場予想のマイナス1.6%を大幅に下回り、過去10年の四半期ベースで最大の落ち込みとなった。

成長率がマイナスに転じるのは2018年4~6月期以来で3四半期ぶり。GDP全体のおよそ14%を占める製…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]