復興の地に生んだ「小さな資本市場」
脱藩金融人がゆく(4)

脱藩金融人がゆく
2019/6/2 2:03 (2019/6/6 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

顔の見える経営者に大事なお金を託し、成長を見届ける。今の金融はそんな本来の姿から遠ざかっていないか。被災地で個人と企業をつなぐ橋渡し役が、新たな形を模索している。

■「奇跡のしょうゆ」を資金支援

6月3日。ミュージックセキュリティーズ(東京・千代田)の杉山章子(42)は岩手県陸前高田市の市役所にいた。「復興音楽イベントをやりましょう」。東日本大震災で甚大な津波被害を受けた陸前高田。復興を象徴する公…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]